平成30年2月3日(土)、 鹿児島県理学療法士連盟有志と、リハ議連に入会しておられる衆議院議員 小里泰弘先生(衆議院財務金融委員長)、衆議院議員 宮路拓馬先生のお2人をお迎えして意見交換会を開催しました。

両先生からは、昨年の衆議院選挙のお礼と、今後の支援についてのお願いがありました。

連盟からは、リハビリテーションに関する課題の国政への働きかけと、相談窓口としての役割を担って頂きたい旨をお伝え致しました。

連盟では、リハ議連におられる両先生方と会員の皆様との、「国政報告会」や「議員と語ろう会(ミニ集会含む)」を計画していきます。詳細はホームページ等で案内致しますので是非ともご参加下さい。

 

リハビリテーション議連の活動報告はこちら

「リハビリテーションを考える議員連盟」第4回総会が開催されました。