平成30年1月28日(日)に公益社団法人日本理学療法士協会会長 半田一登先生と、 日本理学療法士連盟会長 田中昌史先生(協会として全面支援の、連盟組織代表)をお招きし、医療・介護同時改定セミナーを開催致しました。会場の鹿児島大学医学部 鶴陵会館も満席に近く、リハビリ専門職の関心の高さが伺えました。

半田一登先生からは診療報酬や介護報酬に関して、体外的な折衝を踏まえたご自身の経験や未来の理学療法士のあるべき姿を交えながら、「エビデンスと力」の重要性をお話頂きました。田中昌史先生からは人を包み込むような優しいお人柄を感じながら、「民意の大きさこそ国を変える力である。立ち上がろう、理学療法士として。」という熱いメッセージを頂きました。

我々、理学療法士の将来は決して楽観できるものではありません。本日の研修会では、理学療法士だからできることを明確し、実直に様々な問題に向き合う事の必要性を再認識できたと思います。

また、会場後方ではPT-OT-ST.NETでも有名な友清直樹先生(日本理学療法士連盟 青年局長)が研修会内容の記録撮影を行って頂きました。(会場の皆様は気づいていらっしゃったでしょうか?)

今後も理学療法士の未来のために、様々な活動を行って参ります。

皆様のご協力・ご支援を宜しくお願い申し上げます。